犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

ドッグフードの選び方

 

ドッグフードの選び方について考えて行きましょう。

 

犬にも、年齢やその時の体調などによって、ドッグフードを変えていく必要があります。

 

仔犬の時には、栄養価の高いパピー用のドッグフードを食べさせてあげましょう。

 

成犬になってからもパピー用のドッグフードを食べていたら、必要以上に栄養を摂ることになるので、肥満に鳴ったり、場合によっては栄養価が高すぎてアレルギーのような湿疹が出ることもあります。

 

1歳ごろを境に、アダルト用のドッグフードに切り替えて行きましょう。

 

犬は私たち人間よりも早く年を取って行きます。

 

5歳、6歳頃になったら、成犬用のドッグフードもいいのですが、できれば5歳頃から年齢に応じてドッグフードも変えていってあげるといいですね。

 

メーカーによっても違いますが、5歳用、7歳用、9歳用、11歳以上の高齢犬といったように、年齢に応じたドッグフードもあります。

 

栄養バランスや、消化を考えたものになっているので、体にも胃にも優しく負担も減るので、犬も健康で長生きできるというわけです。

 

人間だってある程度の年齢になってきたら、高カロリーで脂っこいものは食べなくなりますし、そういうものばかりでは体に悪い場合もありますね。

 

犬も同じなんです。

 

高齢犬になって、硬いものが食べられなくなってきたら、やわらかいものに切り替えたり、ドッグフードを柔らかくして食べさせたりと、色々と工夫も必要になってきます。