犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

ドッグフードの保管方法

 

ドッグフードには防腐剤が入っているものもありますが、それでも永久に腐らないというわけではありません。

 

ドッグフードだって保管方法が悪ければ、傷んでしまいますし、湿気の多い梅雨の時期には、カビだって生えることがあります。

 

お得だからと、大きい袋に入ったドッグフードを選ぶ場合は注意が必要です。

 

袋の口をきっちり閉めたつもりでも、気づかない間にドッグフードの香りや風味が飛んでしまうので、最後の方はあまり美味しくないのでしょうね。

 

我が家のワンコ達は、あまり食べようとしなくなります。

 

大切な家族の一員の主食なのですから、保管方法もきちんと考えてあげたいですね。

 

1kg入りのものなら、すぐに食べきってしいますし、今は小分けにパックされているドッグフードもあるので、そういうものを選んでもいいですね。

 

大きな袋で購入する時、私はジップロックのように密閉できるものに小分けして保存するようにしています。

 

ちょっと手間はかかりますが、できるだ空気が入らないようにきっちりと密閉して保存できますし、夏も1ヶ月くらいなら冷蔵庫で保存もできるので安心です。

 

以前はドッグフードホルダー(大きめのふた付きのバケツのようなもの)の底に、湿気取り用の乾燥材を入れて、使っていました。

 

しかし、どうしても風味がとんでしまうので、今はまとめ買いをする時には、ジップロックに小分けして保存しています。

 

他には真空になるタッパーに入れて保存している人もいるようなので、使いやすい方法を選んで、ワンちゃんが毎日美味しく食事ができるよう工夫してあげましょう。