犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

食事の回数

 

食事の回数は飼い主さんのライフスタイルによっても、様々なので「これが正しい!」という事は出来ないかも知れません。

 

私の場合は、仔犬の時、2ヶ月〜3ヶ月までは欲しがるだけ、お腹の様子を見ながら食べさせていました。

 

それから少しずつ、時間を決めて行くようにして、今は1日3回に分けています。

 

「3回も食べさせるの?」と驚く人もいますが、1日に必要な量を3回に分けて食べているだけなので、3回あげたからと言って太るわけではないのです。

 

ペットショップでは、まだ2ヶ月に満たない仔犬に、1日2回で言いという場合もあります。

 

例えば、人間の赤ちゃんに、1日2回ミルクを飲ませればいいと言われて1日2回しかミルクを飲ませなかったらどうなるでしょう?

 

仔犬も同じように考えてみてください。

 

あるい程度は成長に必要な栄養を摂らないと、しっかり成長することができないのです。

 

仕事や家庭の事情はあると思いますが、仔犬のうちはできるだけたくさん食べさせてあげてほしいと思います。

 

成犬になったら、1日1回や2回にしてしまう事もあると思います。

 

もしも、その時、黄色い泡のようなもの(胃液)を頻繁に吐いているようだったら、空腹時間が長すぎて、常にお腹がすいた状態なのかもしれません。

 

この場合、1日の食事の回数は、大抵1回か2回です。

 

試しに1日3回にしてみてください。

 

胃液を吐くのがピタリと止まるはずです。

 

ただし、これは空腹で胃液を吐く場合に限ってなので、他の原因が考えられる場合は、動物病院で診てもらいましょう。

 

以上のことから、私は1日3回がべストだと思いますが、ライフスタイルに合わせてそれぞれべストな方法を考えて行きましょう。