犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

年齢別に食事を変える

 

ドッグフードと言っても、年齢に応じて種類を変えていくことも必要なんですね。

 

仔犬の時には、栄養価の高いパピー用のドッグフードを与えます。

 

1歳になる頃には、成長もほぼ止まり、大人になっていますので、成犬用のドッグフードを与えます。

 

犬は人間よりも、早く年を取っていくことは、あなたもよくご存じかと思います。

 

まだまだ若いつもりでいても、実際はかなりの年齢になっているので、それぞれの年齢に応じて、フードも変えて行くがベストです。

 

今はどのメーカーでも、パピー用、アダルト(成犬)用、5歳以上の犬用、11歳以上の高齢犬用といったように、年齢に応じたドッグフードがありますので、同じメーカーのものを探してみてもいいと思います。

 

私たち人間もある程度の年齢になったら、食事の内容がそれまでと少しずつ変わってきますね。

 

今まで脂っこい揚げ物や、お肉が大好きだったのに、いつの間に体が受け付けなくなってきて、魚や鶏肉、野菜中心のヘルシー志向に変わって行きます。

 

犬もこれと同じように、飼い主さんが年齢に応じて食事の内容を見直してあげないとダメなんですね。

 

必要以上に栄養を摂ってしまうと、肥満の原因にもなりますし、他の病気の原因になることもあります。

 

犬にも糖尿病があるので、健康管理は年齢に合わせて、人と同じように考えてあげる必要があるのです。