犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

誤飲誤食をさせないようにする

 

誤飲誤食は、日ごろからの習慣も大きく関係してくると思います。

 

仔犬の頃に付いてしまった習慣は、なかなか直すことできません。

 

誤飲誤食に注意するためにも、拾い食いなどをさせないように仔犬の頃からしっかりとしつけて行きましょう。

 

生活環境も大切になります。

 

犬は目に入ったものは、とりあえず匂いを嗅いだり、舐めたり、口に入れて確認しようとします。

 

室内では、床や犬の眼や手が届くところには、物を置かないように徹底しましょう。

 

常に室内を整理しておくことも大切ですね。

 

もしも、室内で誤飲誤食してしまったら、それは犬が悪いのではなく、そういう状態を作ってしまった飼い主さんが悪いのです。

 

おやつやドッグフードのかけらなど食べてもいいものなら、誤飲誤食しても問題ないでしょう。

 

しかし、犬にとって毒になるものだったり、小さいボタンや乾電池などは、気管に詰まって窒息してしまう事もあります。

 

犬の口に入らないようなものであれば、飲み込むこともありませんが、常日頃から室内を整理整頓んしておくというのも、誤飲誤食の予防になるので注意しておきましょう。

 

大型犬の場合、靴下のような布や、カーペットの切れ端やゴルフボールを飲み込んでしまう事も珍しくありません。

 

運よく排泄物として出てくればいいのですが、腸に詰まったら腸閉塞を起こしてしまう事もあります。

 

誤飲誤食が死につながる可能性も高いという事を、しっかりと頭に入れておきましょう。