犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

散歩の時間

 

散歩の時間といっても、散歩に行く時間と、どれだけの散歩をするかの2種類ありますね。

 

まず散歩に行く時間帯についてですが、大抵の場合は飼い主さんの都合で決まってくるとおもいますので、都合のいい時間という事になるでしょう。

 

一般的には、朝と夕方〜夜にかけてですね。

 

しかし、飼い主さんが仕事の都合で、朝早起きできず、夜しか行けない場合もあるでしょう。

 

この場合には、行ける時に行ってあげるようにすればいいのではないでしょうか?

 

また、季節によっても考えたいですね。

 

夏の暑い時期は、日中は避けて、涼しい時間帯に行けばいいですし、逆に冬は夜になってからだと冷え込みますし、子犬や高齢犬は風邪をひいてしまう事もあるかもしれません。

 

犬の年齢や季節によっても、時間帯を考えてあげましょう。

 

1回の散歩にかける時間です。

 

小型犬の場合は、1回の散歩が15分〜30分くらいが多いのではないかと思います。

 

中型犬、大型犬になってくれば、それだけ運動量も増えてきますので、散歩の時間も増えることになります。

 

犬を飼う前に、大型犬を飼うのであれば、それなりに運動量も必要になってきますので、十分な散歩時間を毎日作ってあげられるかどうかも考えておくといいですね。

 

私の場合、雨の日には、お散歩はお休みすることがあります。

 

ワンコ達は残念そうにしていますが、その分たくさん遊んであげることでカバーしています。