犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

熱射病&熱中症対策

 

犬も人間と同じように、熱射病&熱中症になるのを知っていましたか?

 

症状も人間と同じなので、夏の暑い時期や、梅雨時の蒸し暑い時期には、熱射病&熱中症対策をしっかりと取っておきましょう。

 

熱射病&熱中症は、屋外だけとは限りません。

 

室内にいてもなることもあるので、室内の環境も注意が必要です。

 

例えば、日中家でお留守番しているワンちゃんの場合は、サークルを置く位置も考えてあげたいですね。

 

日が当らず風通しのいい場所なら、クーラーなしでもいいかもしれませんが、留守の間窓を開けてられない時は、クーラーを付けてあげましょう。

 

電気代はかかりますが、締め切った室内がどれだけ暑いか想像できますよね?

 

そんな中に犬をおいて置くのは絶対にやめてください。

 

熱射病&熱中症で死んでしまうこともあります。

 

室内でクーラーをかけていた場合でも、直射日光が当たり、サークルの扉が閉まっていたら、これも同じように注意してあげましょう。

 

逃げ場がなければ、クーラーをかけていても、直射日光が当たるところだけ高温になります。

 

サークルの扉を閉めているのであれば、カーテンを閉めたり、何か直射日光を遮るものをおいて防いであげてください。

 

外にいる犬の場合でも、直射日光が当たる場所を避けて、日陰を作ってあげてください。

 

たっぷりのお水も常に飲めるよう用意しておきましょう。

 

ちょっとした不注意で、熱射病&熱中症になることもありますが、ちょっとした工夫や気遣いで、熱射病&熱中症対策にもなりますので、人間と同じように考えてあげてくださいね。