犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

寒さ対策

 

仔犬や高齢犬は寒い時に、上手に体温調節ができないので、風邪を引いたり体調を崩しやすいので特に注意してあげてください。

 

屋外にいるワンちゃんの場合は、犬小屋の中に発泡スチロールを敷いてあげるだけで保温効果が高まるので、夜の寒い時でもちょっとだけ暖かくなります。

 

他にも、毛布を入れてあげたり、犬小屋の周りを囲って風が当たらないようにしてあげたり工夫してあげましょう。

 

室内にいる場合でも、床に近いところにいるワンちゃんは、床の近くの温度にも注意してあげてください。

 

暖かい空気は上にたまりますので、飼い主さんが快適と感じる温度でも、床に近いワンちゃんは、寒い思いをしているかもしれません。

 

ペット専用のヒーターを使ったり、洋服を着せてあげるのも暖かく過ごせるのでオススメです。

 

寝る時には、部屋の暖房も落とすので、ペットヒーターは、寝る時にも役に立ちます。

 

ベッドやハウスには、毛布やタオルを入れてあげてもいいですね。

 

できるだけ暖かくしてあげてください。

 

サークルの中で寝ているのなら、入り口だけ残して周りを段ボールで囲っても寒さ対策になります。

 

全部囲ってしまうと、顔が見えず不安がる事があるので、入口は残しておきましょうね。

 

全部じゃなくても下半分だけ囲っても、効果がありますし、顔が見えるのでワンちゃんも安心するでしょう。

 

色々な方法がありますので、べストな方法を見つけて寒さから守ってあげてくださいね。