犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の登録をする!

 

仔犬を新しく家族に迎え入れたら、飼い主としてしなければいけないことがいくつかあります。

 

その中の一つが、「犬の登録」です。

 

言い変えてみれば、犬が家族に加わりましたと、各市町村に届け出ると思っておくとわかりやすいでしょう。

 

一生涯に一度、3,000円を払えば登録できます。

 

大抵の場合は、一番最初に動物病院に健康診断とワクチンなどを打ちに行った時に、犬の登録のことや各病気の予防、狂犬病の予防接種のことについて説明があると思いますので、その時にでも聞いてみてください。

 

狂犬病の予防接種と一緒に犬の登録をすることができますし、動物病院で手続きを代行してくれることもあります。

 

登録と狂犬病の予防接種が済み、手続きが済むと鑑札と狂犬病予防注射済票がもらえます。

 

これは犬の住民票のようなものと思っておけばいいでしょう。

 

各市町村によって違いがありますが、鑑札や狂犬病予防注射済票がない場合、ドッグランの利用を断られる場合もあるようなので、ワンちゃんのためにも必ず登録をしてあげてくださいね。

 

昔は、鑑札や狂犬病予防注射済票というと、金属のプレートで味気ないものであまり目立つところにつけたくない・・・なんて思ってしまうようなものでした。

 

最近では各市町村で工夫をし、骨の形やハートの可愛らしいデザインに変わってきています。

 

これなら、リードやカラーとコーディネイトもできますし、アクセサリー感覚で付けることができますね。