犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の性格を知ろう!

 

犬はみんな同じ性格だと思っていませんか?

 

もしもそう思っていたら大間違いですよ(笑)

 

犬も私たち人間と同じように、色々な性格の子がいるのです。

 

ちょっと神経質な子、臆病な子、甘えん坊な子、勝気で負けず嫌いな子などなど、人間と同じように色々な性格の犬達がいるのです。

 

我が家のワンコ達は、同じ両親を持つ兄妹犬ですが、性格が全く違います。

 

とてもおっとりしていて、ちょっと臆病なくらい気持ちが優しい子。

 

完全にマイペースで、笑えるくらい物おじしない勇敢な子。

 

甘えん坊でわがままで自分が一番じゃないと気が済まない子などなど色々なんですね。

 

しつけをする時には、褒めることが基本となりますが、時には叱ることも必要になる場合があります。

 

例えば、甘噛みのしつけの場合で考えてみましょう。

 

仔犬は習性で口に入れて何かを確かめようとしたり、甘えたくて甘噛みすることがあります。

 

甘噛みだからと許してしまうと、本気と甘噛みの区別が付かなくなってきますので、仔犬のうちに人を噛んではいけないという事を徹底してしつけていくことが大切になります。

 

この時、犬の性格によって対応の仕方を変えていかないと失敗してしまう事もあるので、注意してください。

 

例えば、臆病でおとなしい性格の子に、ビシビシとスパルタでしつけをしても怖がって怯えてしまい、しつけどころではなくなってしまいます。

 

こういう場合には、「あ!」とか、「痛い!」とちょっと大きい声を出すだけでも驚いて甘噛みをやめるので、強く叱る必要はありません。

 

強気な性格の子の場合は、エスカレートしてしまう事もあるので、マズルを押さえて、「噛んではいけない!」と教えていきます。

 

このように犬の性格を知ることで、しつけの仕方も変わってくることを理解してあげてくださいね。